エッセンシャルオイル・精油

自然の恵みを最大限引き出したエッセンシャルオイル

在来種の種だけを厳選しワイルドクラフト農法(自然農)で育てた植物を
新鮮な状態でエッセンシャルオイルに。

シンプルですが、大量消費の現代では取り入れない、
時間のかかる伝統製法をあえて採用し、
自然の恵みをしっかりと味わえる
エッセンシャルオイルをお届けします。

Asian Herbal Remedies エッセンシャルオイルの特徴

原料の生い立ちがわかる精油

誰がどこで収穫し、いつ抽出したのか見える精油
私たちの素材は、自社基準(非遺伝子組み換え・ワイルドクラフト・フェアトレード)に合格した原料からのみ抽出され、原料がどこで、誰が収穫し、いつ抽出したのか見える精油のみを提供しています。

ご購入時に成分成績表も添付し、安心・安全という品質をお届けします。

品質管理された精油

日本で成分検査などの品質管理を行っている精油
お客様がきちんと素材の効能を知ってご使用頂けるよう、日本で成分検査などの品質管理も行っています。
成分を確認できる精油だから、お客様の美容と健康に役立つ商品が提供できると信じています。

オリジナル精油

フィリピンの大自然で育った植物から抽出される精油
常夏の国フィリピンの大自然の中で育った草花や果実から抽出されたもので、日本では希少な精油ばかりです。
フィリピンの農業開発に14年関わってきた、私たちにしか作れない新しい&高品質の精油をお届けします。

エッセンシャルオイル ラインナップ

サンパギータ(ジャスミンサンバック)

サンパギータはジャスミンの一種で、モクセイ科の常緑半蔓性灌木。
ジャスミン同様、白い花を咲かせます。フィリピンでは国の花とされ、花言葉は「永遠の愛をちかう」という、ロマンチックなストーリーを持つ植物です。

サンパギータ 精油の概要

香りが強く、甘い優雅なフローラル系の香りが特徴です。8000の花から1mlしか取れないため、溶剤抽出でしか現状抽出が難しい精油です。
アラビアンジャスミンに比べて原料の生産量が極めて少なく、またサンパギータの生花は一般的に教会での捧げ物として使われる事がほとんどのため、一般的に精油として流通していません。

Asian herbal Remedies サンパギータ 精油の概要

ワイルドクラフト(自然農法)で育てたサンパギータのみから抽出しています。
ジャスミンより柔らかく、華やかな香りで、ジャスミンの香りが苦手な方にも好まれる香りです。皮脂に優しく、作用が穏やかな、モノテルペンアルコール類、エステル系 の香り成分が多いため、アロマだけでなく、手作りコスメなどにも、幅広く使える精油し仕上がっています。

サンパギータ 精油 基本データ
名前

サンパギータ Sampaguita

学名

Jasmin Sambac

科名

モクセイ科

抽出部位

抽出方法

溶剤抽出

ノート

ミドル〜ベースノート

香り

【フローラル系】濃厚なフローラル調の香り。

成分 【エステル類】フェニル酢酸メチル(50%)、リナロール、ヘキシルシナムアルデヒド、βシトノネール、ジヒドロジャスモン酸メチル、ゲラニオール、ネロリドール、トランス-ネロリドール、酢酸1,1-ジメチル-2-フェニルエチル

 

見カラマンシー

カラマンシーはフィリピンなどの東南アジアに植生するミカン科の柑橘類。
果肉はレモン代わりに飲料や食品の香り付けに使われ、フィリピンでは非常に一般的なフルーツです。

カラマンシー 精油の概要

カラマンシーの果実の皮を圧搾して抽出します。
レモンオイル(精油)の代用品として、フィリピンでは幅広く化粧品に使われています。

Asian Herbal Remedies カラマンシー 精油の概要

ワイルドクラフト(自然農法)で育てたカラマンシーのみから抽出した精油で、レモンに近い香りながら、柔らかさのある香りが特長です。
柑橘系によく含まれるモノテルペン炭化水素類 がほとんどですが、光毒性のあるフロクマリン類の成分は含まれていません。

カラマンシー 精油の基本データ
名前 カラマンシー Calamansi
学名 Calamondin
科名 ミカン科
抽出部位
抽出方法 圧搾法
ノート トップノート
香り 【柑橘系】さわやかなシトラス、レモンの香り
主な成分 【モノテルペン炭化水素類】d-リモネン(90%)、β-ミルセン、Dゲルマクレン、α-ピネン、β-ピネン、など
エレミ

エレミはフィリピン、マレーシア、インドネシアなどの熱帯に生息するカンラン科の植物。
フィリピンでは、ピリと呼ばれ、果実はピリナッツ(食用)、ピリオイル(食用/化粧品原料)に加工されます。

エレミ 精油の概要

精油は葉が発育し始める雨期の時期に、樹皮を傷つけ樹液を採取して製造されます。
ヨーロッパでは500年間軟膏などに使われてきた精油で、フランキンセンスやミルラに近い種類で、瞑想にも使われます。

Asian Herbal Remedies エレミ 精油の概要

ワイルドクラフト(自然農法)で育てたエレミの木のみから抽出した精油。
他のエレミオイルに比べて、複数の香りがバランス良く調和しているのが特長です。

また、殺菌、抗菌作用のあるモノテルペン炭化水素類 を多くみます。

エレミ 精油の基本データ
名前 エレミ Elemi
学名 Canarium luzonicum
科名 カンラン科
抽出部位 樹脂
抽出方法 水蒸気蒸留法
ノート トップノート
香り 【樹脂系】柑橘系の香りに、ウッディな香りとスパイシーさが混ざった香り
主な成分 【モノテルペン炭化水素類】Dリモネン(40%) オルト-シメン、αフェランドレン、テルピノレン、βミルセン、αピネン、サビネン、αツジェンなど

 

イランイラン

イランイランはフィリピンでは「そよ風に触れる花々」という語源の名前で、「花の中の花」という意味をもっています。イランイランの花は、その官能的な香りから、アジア各国では昔から、新婚初夜のベットの横に飾ると良いとされてきました。

イランイラン 精油の概要

イランイランの花から水蒸気蒸留法で抽出されます。
エキゾチックな香りは、リラックス感、官能的な雰囲気、喜びをもたらしてくれると言われ、香水などのほか、化粧水に幅広く使われます。

Asian Herbal Remedies イランイラン 精油の概要

ワイルドクラフト(自然農法)で育てたイランイランのみから抽出した精油。
イランイラン3rdは、イランイラン1stより、皮膚に優しく、作用が穏やかな、エステル系やモノテルペンアルコール類 の香り成分が多く含まれるので、手作り化粧品などにも使いやすい精油です。

イランイラン 精油の基本データ
名前 イランイラン Ylang Ylang
学名 Cananga odorata var. genuina
科名 バンレイシ科
抽出部位
抽出方法 水蒸気蒸留
ノート ミドルノート
香り 【オリエンタル系】エキゾチックな甘い香り
主な成分

【セスキテルペン炭化水素類】酢酸ゲラニオール(10%)、αファルネセン、ゲルマクレンD、リナロール、安息香酸ベンジル、カリオフィレン、フェニル酢酸メチル、デルタカジネン、パラ-メチルアニソール、酢酸ファルネシル、アルファ-カリオフィレン、コパエン、イランゲン、サリチル酸ベンジル、(-)-デルタカジノール、カリオフィレンオキシド、アルファ-カジノール、βエレメン、βキュベベン、αロネンなど

 

レモングラス植物の概要

レモングラスはアジア一帯に植生するイネ科の多年草。
薬用として何千年も前から使われていて、根病や感染症の予防、その他食用としても欠かせない植物です。

レモングラス 精油の概要

葉の部分から水蒸気蒸留法で抽出した精油です。消化器系に働きかけ、食欲不振や消化不良の改善、また虫よけとしてよく使われます。

Asian Herbal Remediesレモングラス 精油の概要

ワイルドクラフト(自然農法)で育てたレモングラスのみから抽出した精油。
他のレモングラスに比べ、少し甘みのある柑橘系の香りがより強く、深みのあグリーンの香りで、落ち着いた香りに仕上がっています。
一般的に含まれるシトラールに加えて、殺菌・消毒、抗ウイルス、抗炎症、鎮痛作用のあるモノテルペン炭化水素類 の成分や、作用が穏やかで使いやすい、エステル類 、モノテルペンアルコール類 の成分も含まれているので、ほかのレモングラスと比べて、さらに使いやすくお肌に優しい成分バランスの精油です。

レモングラス 精油の基本データ
名前 レモングラス Lemongrass
学名 Cymbopogon citrarus
科名 イネ科
抽出部位 葉、茎
抽出方法 水蒸気蒸留
ノート トップノート
香り 【柑橘系】シトラス調の香りに、土と草が混ざった香り
主な成分 【テルペンアルベヒド類】αシトラール(40%)、2-イソプロぺニル-5-メチル-4-ヘキセナール、βミルセン、ゲラニオール、酢酸ゲラニル、メチルヘプテノン、リナロール、など
 

Asian Herbal Remedies  エッセンシャルオイル商品

サンパギータ(ジャスミンサンバック)3ml〜

詳細

カラマンシー 10ml

詳細


エレミオイル 10ml

詳細

イランイラン 3rd 10ml

詳細

レモングラス 10ml

詳細

 

商品お問い合わせ

アジアンハーバルレメディーズ(アジアの植物療法)を実践する経験豊かな担当者が健康や肌の悩み、
今の健康や肌状態やをお伺いしながら、一つひとつできるだけわかりやすくお答えします。

基本的なご相談も遠慮なくお寄せください。

メールでのお問い合わせ お問い合わせフォームからご連絡ください
お電話でのお問い合わせ 072-392-5891までお電話ください。

エッセンシャルオイル レシピ

 

エッセンシャルオイル最新情報

投稿が見つかりません。

Asian Herbal Remedies 商品ラインナップ

 

PAGE TOP